お奉行様のひとりごと

つれずれなるままに…のんびり書きたいと思っています。

富士フィルムGW690II(^_^;)で「ふじのはな物語」

20170517001.jpg
20170517002.jpg

え~(^_^;)スパーGT富士を見に行く前に、いつもの仲間内の家に前泊させてもらったのは
近年の恒例行事ではありますが、ほぼ毎回なんらかのトラップを仕掛けているので
注意してはいたのですが・・・(あっ、前夜のお好み焼きパーチーは楽しかったしおいしかった(^_^;))

「近所に中古カメラ置いてる店があるから散歩ついでにいこう!」・・・うわっ来た(^_^;)。
トラップの為には労を惜しまない仲間内なのでとっても嫌な予感(笑)。。。

そこで委託で置かれていた美人を連れて帰ってきてしまいました(^_^;)。
※仲間内は違うカメラに喰いつくと思っていたらしく、予想外のモノを買ってきたって笑ってたけど。

そうですねえ、私の世代から前の方々だと、このカメラかマミヤのユニバーサルプレス辺りは
学校や会社の集合写真でお馴染みではないでしょうかね(^_^;)。基本的にはプロの機材です。

※昔はヤンチャなやつは写真が花壇にされたりとか、いろいろあったよなぁ(苦笑)(^_^;)卒業アルバム。。。
20170517003.jpg
レンズシャッターなカメラなのですが、シャッター速度と絞りは、レンズフードを前に出すと見えてきます。
総撮影枚数は600枚までは行ってない感じ(下部のカウンターでは570枚程度ですが、空打ちも考えると)で
ボディーもかなりの美品(^_^;)お店の方の話だと、コレクション目的っぽいじぃーさんが大事にしてたものの
ようです(^_^;)。委託品なので保証もありませんが、お値段手頃でアタリの予感。
20170517004.jpg
われらが庶民の味方のKONICA C35と比べると異常っぷりがわかりますね(笑)。
敬三君で記事にしたふじのはな物語で海外旅行者の人がタブレットで・・・って書きましたが、
私はタブレットサイズのカメラですから(爆笑)(^_^;)間違ってないけど、やっぱり異常ハハハ。。。


[富士フィルムGW690II(^_^;)で「ふじのはな物語」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/05/17(水) 22:00:57|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパーGT富士(^_^;)AUTOCORD弐号機

201754ac2002.jpg
201754ac2001.jpg
やっと上がってきたよ(^_^;)
ブローニー版のフィルムは現像だけでも時間がかかります(苦笑)。
今回場違い感たっぷりですが、おじゃんくAUTOCORDを持ち出し、充分以上の晴れの中
試写してみることにしました。

おジャンクとはいえ、各部機関は清掃・注油してフィルムの巻き上げなんかは
かなり感触がよくなりました。シャッター速度は前回測定したとおり、へたりはそれなりにありますが
問題なく切れるわけだし、光線漏れや油分が付着していたりもなく使いようで頑張るつもり。

しいて言えば(経年で仕方ない面はある)、テイクレンズの後ろ玉に薄曇りが出ているので
それが今回どの程度のものか影響度合いを調査してみましょ(^_^;)というわけ。


[スパーGT富士(^_^;)AUTOCORD弐号機]の続きを読む
  1. 2017/05/17(水) 21:02:24|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語2017」(^_^;)

20170505084.jpg
爆裂に混雑してました(^_^;)。
GW連休は恒例の富士SGTも観戦に行ったりしたのですが、報告としては
こちらにします(^_^;)。あしかがフラワーパーク最大のイベント(だと思う)の
ふじのはな物語2017です。

持って行った機材はPentax K3 とFuji GW690II です(^_^;)。
(※聞きなれない機種名が出たと思いますが、これは写真ができたら改めて記事にします)
敬三君(PentaxK3)は18-135のレンズに「絞り優先」「ISOオート(100-3200)」です。



[あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語2017」(^_^;)]の続きを読む
  1. 2017/05/07(日) 12:08:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

お奉行様(bugyoh)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

<